不妊症の検査

不妊症の検査

不妊症で悩んだら基礎体温を毎日測定し、専門の医師に診てもらいながら治療に取り組むのがベストです。
初めての診察時に毎日つけていた基礎体温を手渡せば、決まった頻度で排卵が起きているかの確認ができるため、すぐさま治療に入ることができるでしょう。
不妊症に関係する検査というのは、数々の検査項目があり、状況に応じて異なるため、もう一度病院に行かなければなりません。
初めの診察ではカウンセリングが実施され、生理中でなければ内診も受けることになるでしょう。
内診に際しては、膣の内部に専用器具を差し込み、超音波によって子宮の大きさや子宮頸部を確かめたり卵巣や卵胞がどの程度の大きさなのかを診断します。
内診の際は、無痛に近い状態ですので、問題ありません。
そして、生理が始まったばかり、高温期が始まってまもない場合は、ホルモン検査を血液を採ることで受けられるでしょう。
ホルモンの数値が異常か否かで、不妊症を解決するための治療の仕方が決定する場合も少なくないはずです。
その上、排卵期になれば、精子が中に入る確率が高いかを調べるのに、子宮頸管粘液の検査をします。
性交直後には、子宮粘膜や子宮にどれぐらい精子が入ってきているか明白にするフーナー検査も進めることになるでしょう。
これら以外に、生理後に、造影剤を使ったレントゲン撮影による子宮卵管造影検査、そうでなければガスを注入し圧力をかけることで卵管の通気を診る卵管通期検査をします。
これらの検査は、個人差がありますが、卵管に液体を流し入れることになるので、激しく痛むとされています。
とはいえ卵管が少し閉塞状態にあるなら、こういった不妊症の検査で液体を入れることにより卵管の通りが良くなることも考えられるので、妊娠に至る割合も高くなるでしょう。