男性の不妊症

男性の不妊症

不妊症は女性が原因であると思われがちですが、実際のところ男性に異常があるために起こっていることも稀でないという統計もあります。
男の人が不妊症かどうか判別するための検査は、精液を検査でチェックすることが大多数でしょう。
精液検査を受けるとなれば、精液を用意して密封状態を保って依頼するのですが、病院でも自宅でも採取できます。
自宅に戻って採取するときには、それ専用の入れ物を病院からもらい、その中に採取して持って行きます。
ただ、医院と自分の家が近い距離にあるときにだけ自宅に戻って採取することが可能です。
取り出したあとは、時間を置かずに決まった入れ物の中にしまってきちんと口を閉じ、医者に診てもらいましょう。
あとは、病院での精液検査を選んだ人は、採取専用の部屋に行き取り出すことになります。
採取しやすいように様々な工夫がされ、自分の部屋のようにくつろげる場所が設けられています。
精液検査のときは、精子がどのくらいいて元気なのかどうか、そして奇形なものの数を確認し、精子の具合をあれこれ診断していきます。
男の人は、その時々の体調によって精子のコンディションが異なってきますので、検査結果が良くなかったときには再び検査が実施されます。
二回実施しても検査結果が悪いのであれば、不妊症のための治療を開始します。
ところが男性に原因があっても、不妊症の治療は女の人が大変な事態が大半でしょう。
精子の数や運動量が少ないというときには、状況に応じて体外受精もしくは人工授精といった手法をとるケースもあります。
体外受精のための採卵などは、とりわけ女性にとって、体にとって辛い不妊症の治療になります。
あとは、精子がほとんどなかったり、かなり乏しかったりする重度の場合は、精巣を切開して精子を探し出すやり方というのも存在し、そういう事態に陥れば男の人にとっても辛い治療となるでしょう。