男性の不妊症の原因

男性の不妊症の原因

男性の不妊症の原因は、精子によるものがほとんどで、精子の量や運動率、それから奇形がどの程度混ざっているかなどのように基準項目は大変多いのです。
受精するために必要とされる精子は、1ミリリットルの精液の中に2千万匹を超える精子がいなければならず、精子の運動率に関しては5割以上であれば問題ないと考えられています。
さらに奇形率については、15パーセントより下回れば異常なしと定められています。
けれど男性の場合、ストレスによって精子の状態が変動しやすいため、結果が悪くても落ち込む必要はありません。
検査結果が好ましくないときには、精液の検査においては最低でも二回は実施しましょう。
結果により、不妊症の治療に体外受精あるいは人工受精を選択するケースも少なくありません。
しかしながら、精子がほとんどないと、体外受精でも不妊症の治療が難しいこともあります。
その時は顕微授精を選ぶことをおすすめします。
顕微受精という方法は、卵子にガラスの棒を突き刺して、そこに精子を流して受精させるやり方です。
精子に異常が見られる要因は色々と考えられますが、その一つとしてストレスも大きな影響を与えていると言われています。
染色体そのものに支障があるゆえに精子が極めて少量だったり、おたふく風邪といった病気にかかり睾丸に炎症反応が出たりすることも病因とされています。
加えて、性交が不可能なEDを患う男の人も珍しくありません。
これはストレスなどが要因で起こる可能性の高い不妊症の一種で、デリケートなところなので、極めて用心しなければいけないのです。
専門の医者にカウンセリングを行ってもらい、ゆったりとした気分になることによって治る場合もよくあります。
しかし、これでもスムーズに進まないケースでは、人工授精を試してみるのも不妊症治療の一環となります。