タイミング法

タイミング法

不妊症の治療の中で最初に実施されるのがタイミング法と呼ばれる方法です。
ですが、不妊症の病状次第で、タイミング法は実施せずに高度治療を開始するケースもあります。
タイミング法と呼ばれるのは、検査によって細胞の具合や排卵日をチェックして、タイミングをみてもらう不妊症のための治療の一つとされています。
人により変わってきますが、何かの排卵障害が見られる際には、排卵誘発剤を飲み、卵子を成熟させるのに働きかける場合がよくあります。
しかし経口薬を飲み続けてしまうと、着床の時に必須となる粘膜が不足してしまうという問題が生じます。
そして重度の不妊症の人は、排卵誘発剤を服用する治療法のみだと、卵胞がしっかりと完成されない可能性があるでしょう。
そんな人には、HMG-HCGというものを注射することで不妊症の治療を試みます。
腕または肩にある皮下脂肪に注射をすることで、卵胞を大きくしていきます。
こうした卵胞の成長を促進させる注射のホルモン剤というのは、その人の症状に合わせて打つ量を変化させます。
ほとんどのケースでは毎日、それか一日ごとのサイクルで、注射をしてもらいに病院を訪れなければいけません。
加えて、細胞が成熟しているかを適宜確かめて、ちょうどいい大きさに成長したら排卵の誘発を促す注射を打ってもらいます。
ところが注射は、量が増えると卵巣が腫れるというような厳しい副作用があるのです。
卵巣が肥大することでお腹に水が溜まってしまうので、深刻な状態なら入院に至る場合もあるので、注射となれば専門医は必要以上に気を付けなければいけません。
加えて、不妊症の治療であるタイミング法に関しては、通常は保険が適用されますので、経済的な負担は少ないのが一般的です。