人工受精

人工受精

タイミング法を行っても効果が出ない時や男の人に病因がある際は、人工受精による不妊症の治療を行います。
万が一卵管にトラブルを抱えているケースでは、人工受精を試みても効果がありません。
不妊症を治療するのに人工受精を行うのであれば、はじめに男性側はあらかじめ精液を採取しておきます。
そのあと、採っておいた精液は、遠心分離器でより活発な精子をピックアップするのです。
そのようにして選出された精子を特別な器具を用いて子宮の中に入れて、自然に受精させるというのが人工受精です。
人それぞれ異なりますが、器具を入れることによっていくらか血が出てしまう恐れもあります。
排卵障害のある女性であれば、誘発剤の薬を使って排卵の機会をつかみ人工受精を行うことが多いようです。
もしも排卵障害がなくても、妊娠率を上げるために排卵誘発を行う病院も多数となっています。
タイミング法のときにもありましたが、排卵誘発剤の注射のせいで卵巣は肥大化する可能性があり危ない状況に陥るかもしれません。
そのうえ排卵が済んだら、高温期を継続させるために、黄体ホルモンのための注射もしくは内服薬を利用することがあります。
人工受精ですが、これは保険が適用されない不妊症治療なのです。
専門機関で違いますが、数万円の負担がかかります。
そして男性が無精子症と呼ばれる障害があったり、奇形率が高く自然妊娠は不可能なときは、非配偶者間人工授精を行うことがあります。
こちらの非配偶者間人工受精とは、男性側の精子での妊娠が叶わないために、名前を伏せた第三者の精子を用いて人工受精に取り組む不妊症を治療するためのやり方となります。
配偶者の精子を使用せずに第三者の精子を使用することになりますので、ともかくじっくりと夫婦間で話し合いをして納得したうえで、人工受精に踏み切るようにしてください。